手湿疹の疑問

手湿疹にかかりやすい人とは

手湿疹に悩んでいる人はとても多いと言われていますが、手湿疹はどのような理由でかかってしまうのでしょうか。
もちろん肌質や環境によって手湿疹へのかかりやすさには個人差がありますが、特に水に触れる機会が多い主婦や、水を扱う仕事に従事している人、薬を直接手で触ることのある人がかかりやすいようです。

 

具体的には美容師や調理師といった職業の人の手は荒れやすいと言えるでしょう。
美容師の場合は1日に何人ものお客様の髪を洗いますので、水に何度も触れますし、シャンプーに含まれる界面活性剤が手に刺激を与えることで手湿疹にかかりやすくなってしまいます。

 

調理師も料理をする時に水を良く使いますし、食器用洗剤の刺激を甘くみてはいけません。
手湿疹にかからないようにするためには、やはり水や洗剤になるべく触れない事が大切です。
そうはいっても美容師や調理師が水や洗剤、あるいはシャンプーを使用しないで仕事になるわけがありません。

 

家事をする主婦であっても、毎日何度も食器を洗いますし、洗濯をしますので、日頃使用している日用品で手湿疹を発症してしまう人が多いようです。
主婦はどうしても家事を行わないわけにはいきませんから、洗い物をする時には冷たくてもなるべくお湯を使わないようにするとか、ビニール手袋を着用して水に直接触れないようにするなど手湿疹を引き起こす原因を避けることが大切です。

 

また、水や洗剤以外にも、体質が手湿疹の原因となっていることも考えられます。
手湿疹は皮膚の持っているバリア機能が低下して起こるのですが、アレルギー体質であったりアトピーを患っている人は元々そのバリア機能が極めて弱い状態なので、ほんの少しの刺激でもすぐに手湿疹になってしまいます。