手湿疹の疑問

手湿疹にかかりやすい人の特徴

手湿疹は秋から冬に季節が移り変わる頃に多発すると言われており、大きな原因は乾燥だとされています。手が乾燥している状態で、高い洗浄力があり、油をしっかりと浮かせて落とす刺激の強い洗剤を使い続けると、手がさらに刺激を受けて、手に必要な水分や油分が大幅に失われてしまうことになります。誰でも一度くらいは手が乾燥した経験があると思いますが、その状態をイメージしてみてください。手全体がカサカサになって、時には出血をするという人も中には見られます。そうなるとほんの少しの刺激でも過剰に反応してしまいます。

 

手湿疹は毎日のように水を扱う仕事をしている人(美容師や調理師など)に多く見られるのですが、とりわけ家事をする際に水を使う主婦がよくかかっています。しかし、同じ主婦であっても、手湿疹にかかりやすい人とかかりにくい人がいます。体質や肌質は個人個人で異なりますし、例えば食器を洗う際には水にどれだけ触れているかやどのような洗剤を使用しているかによっても大きな差が出てきます。

 

特に使用する洗剤によって、手湿疹が起こりやすくなる場合があります。強い洗浄力のあるものは、抗菌剤や殺菌剤、香料や合成界面活性剤、蛍光漂白剤を配合している物が多く、このような成分が多く含まれていればいるほど手のうるおいが損なわれていってしまいます。

 

手がうるおいを失ってしまうと、ほんの些細な刺激であっても過剰に反応してしまい、我慢できないほどのかゆみが起こることがあります。手湿疹になっているわけではなくても、乾燥しやすい冬の時期は多くの人が手肌にかゆみを感じやすいものです。

 

特に昔から乾燥肌であったり、アレルギー体質やアトピー体質といった肌の弱い方は、簡単に手湿疹になってしまいやすいので、とにかく注意しなくてはなりません。そうはいっても主婦の方は毎日炊事洗濯といった家事を避けるわけにはいきませんので、家事が一段落したらすぐに保湿クリームで手肌をしっかりとうるおいのある状態に保つように心がけましょう。また、保湿クリームを塗る時は、手のひらや手の甲だけに塗るのではなく、乾燥しやすい指先や関節あたりにもしっかりと塗ってケアをしてください。