手湿疹の疑問

手湿疹の症状を改善するには

ただの手荒れではなく、完治するまでに相当な時間がかかる手湿疹。初めはただの乾燥だと思って放置していたら、指先が割れて来てようやくハンドクリームを塗るようになったけど時既に遅し・・・日に日に症状が悪化していると悩んでいる人も多いと思います。普通のハンドクリームを塗っているだけでは手湿疹は治りませんし、あまりにも症状が改善しなくて不安になる人も少なくないと思いますが、正しいハンドケアをしていれば、症状は少しずつでも確実に改善していきますので辛抱強くケアを続けていくことが大切です。

 

手湿疹の症状には段階があり、症状の程度がそれほどひどくない場合であれば塗り薬を塗り続けることで治るかもしれませんが、水疱ができていたり、指先が割れて出血しているなど、症状の程度が重い場合はそれだけ治すのに時間がかかると覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 

手湿疹は体質によるものもありますが、基本的には日頃よく水やお湯に触れる機会の多い主婦や、美容師、調理師などにできやすいとされています。美容院に行った時にアシスタントの手がひどく荒れているのを見かけた事がある人も多いと思いますが、アシスタントは1日に何人ものお客様の髪をお湯で洗っている上に、手湿疹を起こしやすい界面活性剤の入ったシャンプーを使っているために手がボロボロになりやすいのです。見ているだけで痛々しいのですが、1度手湿疹を患ってしまうとやはりそう簡単には治らないようです。

 

それに手湿疹の症状が完治するまでにどれくらいの期間を要するのかというのも個人の肌質や体質などで差があります。また、個人の体質と症状の状態によって治療法も異なると言えるでしょう。さらには、かかる皮膚科専門医によっても治療の方法が変わってくるかもしれません。もしかしたら別の患者にはよく効く治療薬があなたには全く合わないということもあるわけです。

 

手湿疹はお湯を使う機会の多い冬に起こりやすいのですが、食器用洗剤や先述したシャンプーに含まれる界面活性剤などによっても症状が深刻化するので、冬以外の季節でも油断は大敵です。1度手湿疹の症状が出てしまうと最低でも半年間は治らないと思っておいた方が良いでしょう。やはり焦らないことが大切です。毎日しっかり、手や指が乾燥しないように保湿剤をこまめに塗るようにして、常に潤いのある状態をキープしたいものです。

 

ただし、いつまで経っても症状が改善しないのにも関わらず、あらゆる薬剤に手を出したり、自己判断でハンドケアをしていると、症状をより悪化させてしまうことにもなりかねませんので、医師に相談するかインターネットで正しい情報を集めてみることをおすすめします。万が一、医師に処方された薬が体質に合わない場合は、ただちに使用を中止して医師に早急に相談するようにしてください。正しく、根気強くハンドケアを続けていれば、辛くて悩ましい手湿疹も次第に良くなっていくことでしょう。