手湿疹の疑問

手湿疹によるかゆみの対処法

手湿疹にかかると乾燥やあかぎれ、ひび割れや出血など、様々な症状が現れますが、中でも特に手がものすごくかゆくなることが辛いと思います。かゆみの度合いは人によって異なりますが、かゆみを感じる種類も色々です。手湿疹のかゆみは一般的なかゆみと比べてかなり辛い場合がほとんどです。

 

一度かゆみが気になり出すと、無意識の内に掻きむしったり、手をこすってしまいがちですよね。しかし、いくら我慢しきれないとはいえ、皮膚を掻いてしまうと皮膚に刺激を与えてしまうことになり、余計にかゆみが倍増するだけでなく、皮膚に雑菌が入ってしまって症状がさらに悪くなってしまう恐れもあります。

 

手湿疹は完治までにかなり時間がかかるとされていますので、手にかゆみを感じたとしても掻いてしまうと治りを悪くするだけです。できればかゆみが起こらないように対策をすることが一番大切です。手湿疹におけるかゆみの原因は手が乾燥していることですから、ハンドクリームを使ってしっかり保湿しましょう。

 

秋から冬にかけて特に乾燥しやすい季節になるので、どうしても顔を洗う時や食器洗い、洗濯をする際に水を使うのはとても冷たくてもお湯を使わないようにしましょう。手は元々皮脂が少ないので、すぐに乾燥してしまいがちです。そこにお湯を使ってしまうと手に必要な皮脂まで奪われてしまい、カサカサした手になってしまいます。乾燥すればするほどかゆみは強くなりますので、今手湿疹に悩んでいる人はもちろんですが、まだ手湿疹の症状が軽めの人も油断することなく、ケアを怠らないようにしましょう。

 

また、寒いとエアコンやファンヒーター、ストーブを良く使うようになりますが、これらの暖房器具も手の乾燥を悪化させてしまいますので、使用の際には加湿器を用いるか、ストーブの上でやかんに水を入れて沸かしてスチームを出すなどして、部屋の湿度を保つ必要があります。室内で洗濯物を干すと、暖房器具を使っていても乾燥しにくくなる上に洗濯物も乾きやすくなるのでおすすめです。

 

さらに洗顔料やボディーソープ、石鹸やシャンプーなどは直接手に触れると刺激を与えてしまうことが多いので、低刺激のものを選んで肌への負担がかからないようにしましょう。洗浄力の強力な物を使用していると、段々と肌の潤いが奪われていき、肌に大切な皮脂がなくなって乾燥肌になってしまいます。顔を洗ったりする時もお湯を使うのは避けましょう。乾燥がひどくなるとかゆみだけでなく痛みを伴ってしまう心配もあります。

 

それでもどうしても冬にお湯を使わずにはいられないという人はせめてぬるま湯を使うようにしましょう。必要以上に熱いお湯は手湿疹には厳禁です。そして水仕事をした後はすぐにハンドケアをしましょう。入浴後や水仕事をした後は水分が蒸発しやすくなっていますので、放置せずにすぐにハンドクリームを塗って保湿してください。ハンドクリームをしっかり塗っていれば、外部から与えられる刺激も軽減されますし、手に必要なうるおいを守ってくれます。