手湿疹の疑問

手湿疹におけるかゆみが発生する原因とは

手湿疹は水仕事を日常的に行う主婦を中心に多く見られる疾患ですが、手湿疹の症状が悪化してしまうとひどいかゆみを伴う事があります。多くは皮膚が乾燥したところに刺激が与えられることによって炎症が起こっているのですが、耐えきれないほどのかゆみが出るのも手湿疹の特徴なのです。

 

手がかゆいとどうしても気になりますから、掻きむしってしまいたくなりますが、我慢できずに掻いてしまうと刺激が加わって症状を悪化させるだけでなく、手に雑菌が入り込んでしまいやすくなりますので何とか我慢するようにしてください。

 

それでは何故手湿疹になるとかゆみを感じるようになるのでしょうか。それは元々水分や油分の少ない手が乾燥することで、手の持つバリア機能を衰えさせてしまうからです。バリア機能が低下していると、どうしても手に受ける刺激によってかゆみを感じてしまいます。

 

日頃からしっかり手の保湿をしていたり、元々手にうるおいが十分にある人は皮膚からあまり水分が蒸発してしまって乾燥してしまうという心配はありませんが、乾燥肌の人は手の皮脂がとても少ないことが多いので、手の水分が奪われて乾燥してしまうと、皮膚の持っているバリア機能が壊れて手がかゆくなってしまいます。

 

冬場は多くの人がお湯を使って顔を洗ったり、食器を洗ったりするので、ますます手が乾燥してしまうわけですね。ですから日常生活では極力乾燥してしまわないように気を付けて、保湿効果の高いハンドクリームやワセリン、マッサージクリームなどをしっかり塗って手にうるおいを保ちましょう。特に食器を洗ったり、洗濯をしたり、水拭き掃除をする時には、ハンドクリームを塗った上からビニール製の手袋をしっかりと着用して、手から水分や脂質が奪われないように心がけることをおすすめします。

 

手をしっかりと保湿していれば、症状の悪化を食い止めることができますし、段々と症状が良くなって行くと思います。それでもなかなか良くならない人は一度皮膚科専門医に相談してみてはいかがでしょうか。あなたに合う薬を医師が処方してくれますので、すぐに完治するとは言えないものの、改善しないケア方法を続けるよりははるかに効果が高いでしょう。