手湿疹の疑問

洗剤が手湿疹を引き起こす原因に

手湿疹は一般的に手が極度に乾燥し、皮膚のバリア機能が低下することによって起こると考えられていますが、日頃使用している洗剤の種類によっては手湿疹を引き起こしてしまう原因になると言われています。特に主婦は毎日のように食器を洗う必要がありますし、衣類の種類によっては手洗いで洗濯しなくてはならない時もあると思います。

 

しかし、洗浄成分がとても強い洗剤を使うと、汚れはしっかり落ちたとしても、肌に対する刺激があまりにも強くて、手にダメージを与えてしまう恐れがあるのです。手は元々うるおいや皮脂を保つのがこんなんな部位なのですが、容易にそれらが奪われてしまって肌が乾燥してしまいます。

 

肌が乾燥してしまうと、簡単にダメージを受けてしまいやすくなり、手湿疹にかかりやすくなってしまいます。洗剤を使う事によってしっかりと汚れを取り除く事ができるのは良いのですが、手が荒れてしまっては元も子もありませんよね。

 

家事は女性にとっては毎日の大切な仕事なので、避ける事はできませんし、せめてこまめにハンドケアを行うようにしましょう。特に冬場は寒いからといって、ついつい水ではなくお湯を使ってしまいがちですが、お湯は水よりはるかに大量に手の皮脂を奪ってしまいます。

 

加えて、毎日の生活で、石鹸や洗顔料、ボディーソープや台所用洗剤、洗濯用洗剤など、非常に色々な洗剤を使用しますので、ますます手は荒れてしまいがちです。ですから、これらの洗剤は必要な時だけ使用するようにしましょう。

 

特に肌が弱いわけではない人でも洗剤を使用するだけで肌に大きな負担を与えてしまうのですから、お肌が弱い人はなおさら大変なことになってしまいますので、使用に際して十分に気を付けるようにしましょう。