手湿疹の疑問

合成洗剤と手湿疹の関係性

女性は毎日の家事に、実に色々な種類の洗剤を使用していますが、中でも合成洗剤を用いている家庭が多いようです。洗剤にとてもこだわっている家庭でなければ、合成洗剤がない家庭はないはずです。

 

合成洗剤というのは、原材料である石油や油脂を化学的に合成した成分で作られている洗剤の事を言い、石鹸が合成洗剤と良く似たタイプだと言われています。もちろん合成洗剤にも石鹸にも、メリットとデメリットがそれぞれあります。

 

合成洗剤を使う時は食器を洗ったり、衣類を洗濯した後に、しっかりと手をすすいでも、洗浄成分が肌に残ってしまいます。ただし、石鹸のように石鹸カスが出ることはありません。

 

合成洗剤の成分である界面活性剤というのは、洗剤をどれだけ薄めても成分の特徴が消えてなくなることはなく、もし皮膚に成分が残ってしまうと手が荒れたり、手湿疹を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

また、保存料や合成香料と言った添加物がたくさん配合されている洗剤もあるので、肌に配慮されたものだとは言い難いものがたくさん存在します。洗剤は長期間に渡って使っていても添加物によって品質が劣化する心配はありません。

 

ただし、肌に対しては非常に刺激が強いので、手で直接触れると悪影響を受けてしまいます。ですから、洗剤を選ぶ時には慎重に成分を比較する必要があります。いくら食器や衣類が綺麗になったとしても、大切な手肌が荒れてしまっては意味がありませんので、洗剤を使用した後はしっかりとケアを行うようにしましょう。