手湿疹の疑問

手湿疹を悪化させる原因〜睡眠不足〜

人間にとって、睡眠は欠かせない大切なものです。毎日しっかりと睡眠時間を確保してぐっすり眠ることは健康な心や体を維持する上で欠かす事のできないことであり、ストレスや疲労の原因は睡眠不足にあるとも言われています。それだけではなく、睡眠不足というのは手湿疹にとっても悪い影響を与えてしまいます。

 

手湿疹というのは、秋から冬にかけて乾燥しやすい時期に起こりやすいと言われていますが、実は暑い夏のシーズンでも発症することがあります。特に夏は気温が高く、寝苦しい夜が多くなるので寝付きにくくなり、暑いために手のかゆみが増してますます寝不足になってしまうことがあるのです。

 

手湿疹によるかゆみは馬鹿にはできません。誰でも一度は虫さされなどで我慢できないかゆみを体験したことがあるとは思いますので、手湿疹がひどくなるとかゆみが気になって全く眠れなくなってしまうことがあるのです。睡眠不足になってしまうと肌のターンオーバーに異常をきたしてしまい、悪循環を招いてしまうこともあります。それに、初めの内は手の1部にできていた手湿疹でも、新しい部位にも症状が起こる事も考えられますので、そうするといつまで経っても完治しなくなってしまいます。

 

かゆみが起こるとどうしても寝付きが悪くなってしまいがちですが、極力早めに布団に入るようにして、少しでも良いので睡眠時間を確保することで症状が良くなっていくことでしょう。睡眠時間の長さよりも質にこだわって眠る事ができればそれほど深刻になる必要はありません。理想としては、夜の10時から深夜の2時の間に眠りたいものです。

 

この時間帯は特に成長ホルモンが分泌される量が増え、肌のターンオーバーを正してくれますので、皮膚に起こる手湿疹の症状の改善にも役立ちます。もちろん美肌のためにも効果的です。女性であればご存知の方が多いと思いますが、睡眠不足だと肌が荒れてしまいがちです。ですから手湿疹のためだけでなく、美しい肌やストレスレスな状態を作るためにも早く眠ることを心がけましょう。

 

また、ストレスや疲労が溜まっている時はしっかりと対応することも大切です。手湿疹の改善だけではなく、美肌や健やかな心身を保つようにしましょう。