手湿疹の疑問

生理前に手湿疹が悪化する理由

女性ホルモンのバランスが崩れると手湿疹の状態が悪化することがあります。とりわけ生理前は、プロゲステロンという黄体ホルモンの種類の1つが多く分泌されるようになるために月経前緊張症候群を発症する人もいるくらいです。

 

生理後に不思議と体調が良くなったり、肌が美しくなるのは、エストロゲンという卵胞ホルモンの1つが分泌される量が安定しているからです。

 

女性であれば誰もが経験したことがあると思いますが、生理が近付くとどういうわけか無性にイライラしたり、頭が痛くなったり、肌が荒れてしまうなど、色々なトラブルが起こります。症状は人によって異なりますが、自分ではなかなかコントロールできないことなので辛いですよね。また、手湿疹についても同様で、女性ホルモンの影響を受けて、生理前になると症状がひどくなる場合があります。もちろんこれについても個人差がありますので、全ての人に起こるとは限りません。

 

エストロゲンが多く分泌される時には肌の状態が安定していますが、黄体ホルモンの1つであるプロゲステロンが多く分泌される時には手湿疹やニキビといった肌の問題が悪化しやすくなります。今まで肌に問題がなかった人でさえも手湿疹になったりニキビができたりすることすらあるようです。

 

女性はストレスや疲れに敏感に反応してしまいがちです。女性ホルモンの状態が変わると途端に肌トラブルが起こることもあります。プロエストロゲンが分泌される量が増えると体がほてりやすくなりますので、手湿疹やニキビの状態がひどくなります。

 

生理前には食べ物の好みが一時的に変わって、突然甘い物を欲することがあるようですが、白砂糖はあまり体に良くありません。血液をどろどろにしてしまう作用がありますし、肌の状態を悪くするだけでなく、病気を招いてしまう原因になりかねません。甘い物を食べたい気持ちもわかりますが、控えめにするようにしましょう。漢方医学においては白砂糖が血液の状態を悪くすることを汚血と呼びますが、汚血は体内での血液の循環を悪くし、体内から排出すべき毒素が体内に残ってしまいます。そのせいで手湿疹やニキビができてしまうのです。

 

自分が汚血になっていないか確認するためには、鏡を使って、鼻のところまで舌を伸ばしてみましょう。紫色をした静脈が舌の裏にあるようでしたら、汚血であると判断して良いでしょう。

 

汚血を避けるためには白砂糖はもちろんのこと、動物性脂肪が多く含まれる食事をなるべく摂取しないようにすることが大切です。また、野菜をたっぷりと摂取すると血液がさらさらになって便通がよくなります。こうすることで手湿疹の症状がひどくなることを避けると同時に健康を保つ事ができます。

 

人間というのは、病気や老いを恐れる人が多いのですが、それらを引き起こすのは血管だと言われています。生理時の血液がやや黒かったり、顔の色が黒めの人は特に注意しましょう。血液をさらさらにして、綺麗な血を保って美しい肌と健康をキープしましょう。