手湿疹の疑問

ステロイドについて

ステロイドには、皮膚に起こる炎症を抑制する作用があります。別名副腎皮質ホルモンとも呼ばれていますが、副腎皮質ホルモンというのは副腎という臓器から出されるホルモンのことを言います。元々副腎皮質ホルモンというのは、体内にウイルスが入り込んだ際やストレスが蓄積された際に分泌され、体にとって非常に大切なメカニズムとなっています。炎症などの症状を、体内から分泌されるホルモンの力だけでは抑えられない場合に炎症を抑えるためにステロイド剤が用いられます。

 

ステロイドには色々な形態があり、貼り薬や塗り薬、注射や目薬といった外用や服用など色々です。ステロイドはどうしても副作用があるイメージが拭えないという人も少なくないと思いますが、一概にステロイドと言っても、その種類には強いタイプのものと弱いタイプのものがあり、種類も様々です。強さのレベルは5段階に分けられており、最強(Strongest)・とても強い(Very Strong)・強い(Strong)・中程度(Medium)・弱い(Weak)に分類されます。

 

ステロイドの塗り薬は一般的には皮膚科専門医を受診し、処方してもらうものですが、中にはドラッグストアでも購入することができるタイプのものもあります。ただし、ドラッグストアに売られているステロイドは最強タイプやとても強いタイプのものではなく、割と程度の軽い皮膚炎に対応するタイプのものやかぶれやかゆみといった症状に対応するタイプのものがほとんどです。

 

ステロイド剤は手湿疹をはじめとする炎症を治療する目的以外にも、様々な用途に用いられることがありますが、化学的に糖質コルチノイドの成分を合成したもののことを言います。